復興地域におけるスマートシティ実現の夢に向けて

  

311震災直後、生身の体験をもとに描いたこの未来図が、我々の活動の原点です。

東北復興地域における次世代の技術社会システムの再構築のために、地元のものづくり企業として貢献できることを考えました。

       

災害に強いレジリエントな社会

21世紀の災害復興先進地域として、不意の災害に直面しても、強靭でしなやかに応答する地域の再構築に貢献する

持続可能な低炭素・資源循環型社会

地球温暖化の主要因とされている化石資源の消費に伴うCO2排出量を削減するため、低炭素・資源循環型社会への転換に寄与する

地域経済の再生

宮城県のものづくり企業を中心として、震災を乗越えた地元産業と共に発展を図り、地域経済の再生に貢献する

次世代の移動体システム

東北大学が進める次世代移動体研究会の取組みを民間サイドからサポートし、あらゆる人に安全・便利で環境にやさしい次世代移動体システムの開発と実用化に参画する

  

そのために、、

イーセブンジャパンは、東北スマートシティの実現に向けた、さまざまな電気通信移動デバイスの企画開発、製造販売、メンテナンスをおこなうことを推進しています。